2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2011.07.23 (Sat)

夏旅 2011 №2

やっと寝不足解消したぁ~
時間ができたら10分でも寝るようにしてましたぁ
さて、旅の続きを綴りましょっ

夕方5時過ぎ、倉敷は美観地区を散策。
美観地区のお店は、夕方の早い時間に閉める店が多いらしい。
だけど、クラージュ連れてるし、私たちも暑いので、
散策時間をおそくしました。

P7174922-1_convert_20110723110504.jpg
この時間でも元気に営業していたのは大原美術館近くのきび団子屋やお土産屋さん。
ここでお土産買うつもりだったので試食(*^~^*)

川のほとりで夫のお土産物品定めをクラージュと待っていると、
P7174936-1_convert_20110723110612.jpg
白鳥一家が寄ってきた
どうやらかなり人なれしていて、餌をねだっているようです(*^m^*)

P7174929-1_convert_20110723110538.jpg
大原美術館隣のカフェ「エル・グレコ」
大正時代に建てられた建物。

P7174971-1_convert_20110723111422.jpg
大原美術館。
ギリシャ建築をモチーフにした建物。
蔵や町屋のような建物の中にふとあらわれるこの建物。
周囲に石垣や木々があるからか、ミスマッチな感じはしない。

P7174938-1_convert_20110723110637.jpg
有隣装(旧迎賓館)
壁の色にまずひときわ目を引くが、、、、

P7174965-1_convert_20110723111327.jpg
特注だというこの瓦の色合いがとてもきれい
色合いがこんな風に変化している瓦は見たことないよぉ。

P7174968-1_convert_20110723111351.jpg
天皇陛下をお迎えするために架けられたという「今橋」の上からの眺め。

P7174949-1_convert_20110723110945.jpg
「中橋」付近。
蔵とともに火の見櫓が見えるところ。
ここからの景色はどこをとっても絵になりました。

P7174951-1_convert_20110723111111.jpg
船着き場。






【More・・・】

P7174950-1_convert_20110723111043.jpg
倉敷館。
今は観光無料休憩所として使われているこの洋館は、
大正時代に町役場として建てられたもの。
こんな感じの建物が大好き(≧▽≦)

P7174947-1_convert_20110723110855.jpg
証券会社の建物も・・・

P7174948-1_convert_20110723110919.jpg
和なんだねぇ~(^m^)
「いったい中はどんな感じになっているのかしらぁ~」
と通りがかる人たちが言ってました(笑)
私も気になる

P7174957-1_convert_20110723111141.jpg
町屋の建物の隙間に現れたこの赤い門。
倉敷珈琲館入り口。
ココからスペインとかイタリアの街角につながっているような雰囲気。
自家焙煎でここのコーヒー美味しいらしい
いつかまた来た時には是非寄ってみたいわぁ~♪♪

川沿いから奥へ入った通りは、、、、
P7174963-1_convert_20110723111245.jpg
さらに古い感じの建物が立ち並ぶ。
江戸から明治の面影を残した通りらしい。
この通りは気になるお店が密集していました。

P7174958-1_convert_20110723111214.jpg
最後に暑さ限界のクラージュをパチリ
舌が大きく出ちゃってる
私たちももう限界(>_<;
慌てて車に戻り、体を冷やしました(^^;>”

お店はほとんどしまっていましたが、人通りも少なく、写真も撮りやすかったし
昼間よりは暑さも和らいでいたので堪能できました。
しっかり遊んだら今日のお宿へ
№3に続く・・・
スポンサーサイト

テーマ : 旅行日記 ジャンル : 旅行

EDIT  |  11:46  |  旅行記  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。