2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2011.10.04 (Tue)

イギリス旅行 №2

最初の観光は、ホリールード宮殿(ルネサンス様式)
P9225312-1_convert_20111003112718.jpg
今でも正式な皇居として公式行事等で使用されているため、門外からの観光。
イギリス王室が今でも利用している皇居は3つ。
ウインザー、ホリールードー、バッキンガムだそう。

P9225315-1_convert_20111003112743.jpg
宮殿の一部の壁に記されていたスコットランド王家の紋章。
ユニコーンが使われているのが特徴だとか。

P9225325-1_convert_20111003112810.jpg
エジンバラの高台、キャッスルロックという岩山に建つエジンバラ城
16世紀前に建てられたものとされる。
中には12世紀に建てられたセント・マーガレットの礼拝堂もある。
P9225329-1_convert_20111004104112.jpg
エジンバラ城の入場券。
裏側にはお城縁の数字や絵、模様が印刷されていました。
いったいどのくらいの種類があるのでしょうねぇ。

P9225336-1_convert_20111004105420.jpg
お城に記された、王冠と剣と杓
クロムウエルから守った大切な三点。
城内にその貴重な三点が展示されていて
観覧してきましたが、号名で貴重な材質を
ふんだんに使われた3点はとても美しかったです

P9225338-1_convert_20111004105454.jpg
エジンバラ城 城壁に描かれている紋章
赤いライオンはウイリアムの象徴だとか。

P9225341-1_convert_20111004105520.jpg
城内の暖炉上に描かれた紋章には、イングランドとスコットランドの国旗が
描かれている。
メアリー女王(スコットランド)がエドワード6世(イングランド)と婚約した印?

建物はいくつかあり、今でも軍隊の本部として使われているそう。
城内の教会には第1次、2次大戦で亡くなった戦士たちの慰霊堂もありました。

P9225383-1_convert_20111004104215.jpg
エジンバラ城を観て、
イギリスはあくまでもUKであって一つの国ではないことが
こういう歴史を見てもはっきりとわかりました。
4国は法までも違うそうです。

【More・・・】


さてお昼ご飯♪♪
ウェーヴァリー駅近くにあるホテルのレストランで昼食となりました。
P9225407-1_convert_20111004164055.jpg
スコットランド名物、ハギス。
羊の胃袋に羊の内臓や肉、野菜、オーツ麦を詰めて茹で、
焼いたり、あげたりしする料理。
羊は大の苦手な私ですが臭みも癖もなく、
美味しくいただけた(*^-^*)
P9225409-1_convert_20111004164135.jpg
鶏肉のソテー
P9225410-1_convert_20111004164209.jpg
アップルタルト
ちょっとボリュームィーだった(^^;
味は見た目ほどどれもしつこくないので
食べやすかったけど、イギリスの人も
やっぱり結構食べるのねぇ。

移動中の車窓からパチリ
P9225419-1_convert_20111004164243.jpg
P9235498-1_convert_20111004164646.jpg
高い山がなくなだらかな丘には広大な畑と牧草地が広がる。
雄大な景色で目の保養になりました

P9235509-1_convert_20111004164738.jpg
フォース湾にかかるフォース鉄道橋
全長2530mもあるのだそう!!
19世紀「テイ橋の悲劇」など、強風による落橋事故が相次いだため、
非常に強固な橋として設計されたそう。

№3に続く・・・
スポンサーサイト

テーマ : イギリス旅行 ジャンル : 旅行

EDIT  |  11:04  |  旅行記  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。